パッティングのフットワーク『安定』

『下半身の安定』・・を具体的に

パッティングは、背骨を『軸』に腹で胸郭を回す。
下半身は安定させる。という事を紹介してきましたが、
今日は、『下半身の安定』について紹介します。

『下半身の安定』=単に動かないように止める
では、少し足りません。


車が止まっています。
エンジンを切って完全に停車している状態
エンジンだけかかっている状態
ギアを入れて、半クラッチでアクセルを吹かし、
いつでも走りだせるようにして止まっている状態
どの状態も止まっている事には変わりませんが、
その内容は全く違います。

スポーツの場面、特に構え(アドレス)では、
半クラッチでアクセルを吹かしながら止まっている、
少なくともエンジンがかかっている状態が理想です。
いつでも目的の方向に、動きだせる様に、準備して
おく事が重要です。


ガチガチに足に力を入れて固める。
とりあえず、動かないよう我慢して立ってみる。
と漠然とした意識では、真の『下半身の安定』は、
得られません。
特にパッティングは、小手先の動きに頼りがちです。
この為足への意識が薄らぎ、足の力を無造作に抜いて、
下半身が不安定なまま、漠然とアドレスしている方が
多く見られます。

パッティングにおけるフットワークも、動きこそ伴い
ませんが、ショットと同様に、ダイナミックな動きが
いつでもできる状態で準備する事が、ポイントです。
基本的に、パッティングからドライバーショットまで
体の使い方は同じです。


安定した下半身の作り方
  ~パッティング編~

以前アドレスの取り方をブログで紹介しましたが
基本は、パッティングもショットと同じです。
図をご覧下さい。
パッティングのフットワーク
両足の『赤斜線で囲んだ部分』で、地面を左右に軽く
押します『緑の太い矢印』。地面を左右に、さく
イメージです。この力『緑の太い矢印』に相反する、
床からの反力『緑の細い矢印』で、軸『赤の円柱』
支えます。
ポイントは、真っ直ぐ地面を押すのではなく
斜め下方向に押す『図の右側太い矢印方向』事です。
*押すと言っても、上体の重さを感じる程度です。
上体の重さを両足の『赤斜線で囲んだ部分』で受ける
イメージです。重心を正しくかける事で、足の筋肉は、
必要な筋群が選択されて緊張(働く)します。
無理やり、足に力を込めるわけではありません。

この左右の床からの反力『緑の細い矢印』が、互いに
交差し、ぶつかり合う事で、軸を効率よく支える事が
可能となります『青小丸』
パッティング中は、この左右の床からの反力が、常に
釣り合う必要があります。
*ショットのテークバックで骨盤が回るのは、左足で
地面を押す力の出力を上げる事で、左の床からの反力が
右の反力よりも大きく骨盤・軸に作用するからです。

次の図のように、『ガニまた』で構えれば安定すると
考えている方を見かけますが、先ほど紹介したように
床からの反力『緑の細い矢印』『軸』を効率よく
支える事は出来ません『?です』
ガニまたアドレス
サイズの合わない筒『青大丸』に、細い車軸を入れて
タイヤを回すような状態です。
必要以上のガニまたは、一見安定しているようにも
見えますが、軸の操作性は低下します。


是非、今日紹介したパッティングにおけるフットワーク
を試してみて下さい。
『風に負けない安定感、スムーズな軸の回転』を
体感できますよ。

明日は、基本的なアプローチ体の使い方を紹介します


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

自分に合ったパターの選択

自分に合ったパター探し

昨日、振り子運動の『等時性』という性質から
理想的なパッティング動作においても、振り子運動
(バックスイングからフォロー)の周期が存在すると
言う事を紹介しました。
自然現象ですから逆らわない程、物理的なゆがみが
抑えられます。必然とストロークの再現性も高まります。

切り返しのタイミングは、重力が
振り子運動の周期は、パターの長さが作用します

これら2つの事は、単なる物理現象ですから、
全ての人に共通する『基本的要素』です。

今日は、パッティングリズムを確立する為に重要な
もう一つの要素を紹介します。

それは『筋肉の性質』です。
早い動きが得意な筋肉、ゆっくり動くのが得意な筋肉
様々です。短距離が得意、マラソンが得意と言った
個々の特性です。
このことからパッティング動作においても、心地よく
体を回す(腹で胸郭を回す)タイミングは、人それぞれ
で異なります。

パッティング動作の理想は、振り子の持つ周期と
自分の体を回転するリズムが同期する事です。

このタイミングが合わないと、パターを無理やり操作
する事になり、『様々な代償活動(*)が必要』になります。
*グリップを強く持ち、腕力にたよった動きが必要になる。
無駄が多くなるという事です。動作は、意図的な操作が
多いほど、再現性や効率は低下します。
『正しい体の使い方=無駄を省く=再現性・効率が高い』
です。

振り子の周期は、アームの長さ『青矢印①』が決めます。
一般的には、アームが短い程(≒深い前傾)早いリズム
長い程(≒浅い前傾)遅いリズム
になります。
振り子
単に長尺パターがゆっくりとか、普通のパターが早く
という事では、ありません。長尺パターは、普通のパター
よりもゆっくりストロークできると誤解している選手も
多いですが、理想的な動きをすれば変わりません。
[広告] VPS
長尺パターは、小手先で操作しずらいので、アームの本来
持つ自然な周期を感じ易くなる為に、打ち急ぎや手打ちを
多少抑制してくれます。打ち急ぎや手打ちのひどい方は、
練習で使ってみるのもお勧めですが、以前紹介した理想的な
パッティング動作のトレーニングをすれば解決します。

昨日紹介した練習と合わせて、
色々なアームの長さ『青矢印①』
パッティングを試してみて下さい。
自分に合った、ストレスのない心地よいタイミングが
見つかるはずです。

コーチングをしていて感じるのですが、
ショットのリズムが速い方は、パッティングも早目
ショットのリズムがゆっくりな方は、パッティングも
ゆっくり目の傾向があるようです。


パターに悩んでいる方は、是非、取り組んでみて下さい。
ストロークの大半を占めるパッティング
断然安定しますよ


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『パターヘッドの遠心力、感じてますか?』

『一定のリズム』を獲得する方法

ミスパットの原因に多いのが、『打ち急ぎ』です。

パッティング動作のリズムが、普段より早くなり、
インパクトで、フェースが開いたり閉じたり、正しく
フェースがコントロールできなくなるミスパットです。

『打ち急ぐ原因』は、大きく2つです。
◆体の使い方が悪い(正しい軸回転でない)
◆パターヘッドの遠心力を感じていない


正しい体の使い方については、以前ブログで、紹介して
いるので、そちらをご覧下さい(両足を安定させ、背骨を
軸に腹で『胸郭』を回します)。
トレーニングあるのみです。

今日は、『パターヘッドの遠心力を感じる事』について
紹介します。パッティングの距離感にも通じる、重要な
テーマです。

動画をご覧下さい。[広告] VPS
【練習のポイントは、2つです】
◆パターの遠心力と体の回転を同調させる
 両手で、グリップを前後にはさみます。
前後で軽くはさむ
 なるべく腕は、リラックスさせます。
 腹で胸郭を回すと、パターは左右に振られます。
 振り子の運動(ブランコ等)をイメージします。
 バックスイング、フォローと連続して行います。
 パターの遠心力と体の回転(腹で胸郭を回す)の
 タイミングが同調
する事に、集中します。

 最下点(丁度ボールをインパクトする辺り)で、
 パターヘッドの最高の加速感(遠心力)を感じます。

◆切り返し(バックスイングからダウンスイングに
移行するタイミング)

 切り返しでは、パターヘッドが振り子運動で、自然に
 戻る(ダウンスイングに移行する)のを感じる事が
 重要です。『重力は不変』です。
 上がったものは、勝手に落ちてきます。
 ショットからパターまで、全てに当てはまる事ですが、
 切り返しのタイミングを重力に委ねる事で、安定した
 スイングリズムを獲得する事が可能になります。


 次の動画のように、
 パターを無理やり切り返しては、いけません。[広告] VPS
 パターの遠心力と体の回転が同調しません。
 先日も紹介しましたが、腕は、パターと上体を結ぶ
 センサーです。
 腕を、パターを振る為のエンジンに使っていると、
 同調していない事に気付きません。


パターの遠心力を感じる事に集中して下さい。
ストロークが一定になると共に、ストロークの
幅で、距離感を調整する事が容易になります。

次回は、距離感について紹介します


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

パッティングの軸の安定

『頭の固定』を定着させるトレーニング

再現性の高いパッティングは、
軸『背骨』を安定させた状態での回転動作です。
必然と頭は、動きません。

今日は、パッティングをしながら頭の動きを
確認できる練習方法を紹介します。
図のように、ボールとガイドの棒が重なるように
セットします。
ヘッドアップ予防ガイド
理想的なパッティング動作では、ボールとガイドの棒
の見え方は、常に一定です。
先日紹介した『パッティングのギッタンバッコン』では、
次の動画のように、ボールの見え方が一定になりません。
[広告] VPS
安定した軸回転では、ないという事です。

【練習のポイント】
ボールとガイドの棒が一定に重なるようゆっくりと
素振りを行います。
骨盤を椅子で固定するトレーニングと合わせて行うのも
効果的です。
慣れてきたら、実際にボールを打ちながら、パッティング
練習を行います。あらかじめボールの下に、『マーク』を
つけておくと、インパクトからフォローにかけての、頭の
動きもチェックする事が、出来ます。

頭を動かさない事で、より腹で打つという事が理解出来ると
思います。
軸の正確さが最も要求されるパターこそ、
より歪みのない正しい体の使い方が重要です。
正しい軸回転を獲得すれば、腕はリラックスし、
リラックスした腕は、クラブの動きに集中するセンサーと
なります。抜群の距離感と、正確なクラブコントロールが
可能になります。

腕を、パターを振る為の、エンジンにしてはいけません。
[広告] VPS
パターは、腹で打ちましょう


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif


スムーズなストロークを獲得する方法

軸の回転可動域(動ける範囲)を広げる方法

パッティングについて紹介していますが
パッティングには、
正確にラインを読む技術と合わせて、
正確なストロークが要求されます。

再現性の高いパッティングは、軸『背骨』を安定させた
状態での、ストロークが不可欠です。
以前紹介しましたが、胸郭を『腹』で回す意識です。
今日は、この『腹』で回す感覚を強化する上で必要な
軸の回転可動域(動ける範囲)を広げる為の
パッティングトレーニング
を紹介します。

パッティングは、ショットのようにダイナミックな
動きが必要ではないだけに、小手先の動きに頼りがち
ですが、パッティングも背骨を軸にした回転動作です。

図をご覧下さい。
パッティングトレーニング
トレーニングのポイント
◆腹で胸郭を回す事に集中する
初めは、バックスイングサイドは『②の位置』
フォローサイドは『③の位置』で、パターの
ヘッドで、壁を押します。
胸郭がこれ以上回らないと感じる少し手前で、
押すのがポイント
です。
5秒程度押し続けます。頭、骨盤は、アドレスと
同じ位置をキープするようにします。
トレーニングを続ければ、徐々に可動域(動かせる
範囲)は、広がっていくので、無理のない範囲で
始めます。
次に、アドレス『①の位置』から、先ほどの
バックスイング『②』、フォロー『③』の位置まで
それぞれ、パターヘッドで、箱(*)を押します。
ふすまのようなスライド式の戸を押す練習も
トレーニングには、最適です。
(*)段ボール箱に、砂や水を入れたペットボトルや
  ダンベルを入れておもりを作ります。
  絨毯の上で押すのに、程良い抵抗感が得られます。
  おもりは、重すぎない様にします。
おもりや戸の重さを、腹で感じながらゆっくりと
行ないます。パターで、押している間は、息を
吐きながら行います。
息を止めるとりきんで、
可動域(動かせる範囲)が広がりずらくなります。
◆頭・骨盤を動かさない
頭の固定を確認する練習方法は、明日紹介します。
骨盤は、椅子に軽く腰掛けるようにして練習を行えば
固定を確認する事が出来ます(以前ブログで紹介しました)

パッティングを安定させる為には、背骨を軸にした
胸郭の回転が不可欠です。
可動域の広がりとともに、ストロークが安定します。
明日は、頭の固定をパッティングをしながら確認する
練習方法を紹介します


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR