同調感を感じた後は・・・

鞭のようにクラブを走らせる

先日手打ちを解消させる為には、腕や上体を無理やり動か
そうとするのではなく、重心移動に同調して動き出すのを
感じることが重要であることを紹介しました。

~同調感が感じられたらする事~
重心移動と腕の振りの同調感が感じられるようになって
きたら、今度は、腕や指先、そしてクラブヘッドが鞭の
先端のようになってボールを打ち抜いていけるよう、
加速させていくことに集中します。

ポイントは、フリスビーを飛ばす手首の動きです。
フットワークで腕をどんどん加速させることができたら
インパクトのタイミングでフリスビーを飛ばすように
手首をしっかりとリリースさせていきましょう。[広告] VPS

フットワークで腕を振り、
遠心力に合わせて、フリスビーを飛ばすように手首を
リリースする。

これが、クラブを効率よく走らせるためのポイントです。
是非試してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

手打ち解消の最重要ポイント

腕は、重心と一緒に動き出すのが正解

先日、テークバックで手だけを動かす意識が手打ちの原因で最も多い
理由であることを紹介しましたが、今回は手打ちを改善させるための
最重要ポイントについて紹介します。

~手を手で上げない感覚をつかもう~
先日、重心は、体のパーツが背骨を軸に回転することで動くという
こと紹介しましたが、今回は、この重心(赤ボール)に左腕を軽く
当てたまま、動かしてみましょう。[広告] VPS
動画のボールは、身体重心をイメージしています。
丁度、丹田といわれるへその前あたりに位置します。

如何ですか?
私は、重心(ボール)をフットワークで動かすこと以外、腕を振り
上げようとしたり、上体を無理にねじろうとしたりしていませんが、
体の回転に伴い、自然に腕も振られてきます。
これが『腕を腕で振らない』という状態です。

手打ちを解消させる最重要ポイントは、
腕や上体を無理やり動かそうとするのではなく、重心移動に誘導
される形で、自然に同調して動き出すというのを感じることです。


是非重心の動きと同調した腕の使い方になっているかチェックして
みて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

開いて~握る!

右手の力感

腕を柔らかく振るポイントとして、左ひじを曲げて右手を離せと
いうことを紹介しましたが、今回は、その開いた右手をどう扱うと
よりクラブヘッドを走らせられるかについて紹介します。

トップで右腕がリラックス出来たら、今度はしっかりと右手を使う
タイミングが重要になってきます。

~開いて握る~
トップでは、このように左ひじをたわませ、右手の指をグリップから
離してしまいます。

開いて
そして、インパクトのタイミングに向けて今度は、開いた右手を
握りこんでいきましょう。

右手をしっかり使って棒の先を走らせます。
握る

このように、右手をバックスイングでオフ、インパクトに向けてオン
とすることで、腕に必要なタイミングで必要な力を入れる事ができる
ようになります。
これが、腕を柔らかく使うための最大のポイントです。
当然クラブも走ります。[広告] VPS

多くの力みスイングの人は、『握って、握って』
バックスイングからインパクトまで力を入れっぱなしです。


『開いて、握る』これがポイントです。

呼吸と合わせてこの動きを行うとより効果的です。
是非試してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

左ひじの突っ張りを解消するグリップ

小指と薬指がポイントです

前回、主に手首を甲側に折る筋肉(伸展筋群)や上腕の裏の筋肉
(肘を伸ばす作用のある上腕三頭筋)をメインに使うと、バック
スイングで働くべき腕の前面の筋肉とけんかする形となり、腕が
力みやすく肘が突っ張ってしまうということを紹介しました。

~左肘の突っ張りを解消するグリップの握り方~
左ひじを突っ張らずに腕を使うには、腕の前面の筋肉を使った
グリップがポイントです。
小指と薬指の付け根にグリップをあてがいます。
小指と薬指の付け根にクラブを当てます
次に小指と薬指でグリップを握り込んでいきます。
小指と薬指で握ります
特に小指の力が抜けないようにすることがポイントです。
中指・人差し指・親指は、リラックスをしたままです。
腕の前面の筋肉(特に小指側の筋肉)をしっかり使っている
のを感じて下さい(赤矢印部分)。

この筋肉に緊張を感じましょう
この腕の前面の筋肉の緊張感が感じられたら、この状態を維持
したままアドレスに入ります。中指・人差し指・親指は、グリ
ップに軽く添えるだけで、強く握りこまないのがポイントです。

アドレスからバックスイングにかけて左腕は、前面の筋肉(手首を
手のひら側に曲げる手関節屈筋群や、力こぶで知られる肘を曲げる
作用のある上腕二頭筋)がメインに使われますが
、今回紹介した
握り方を意識すると、これらバックスイングで使われるべき筋肉の
準備が自然にアドレスで整うので、スムースなバックスイングへと
つながり易くなります。これにより、肘の突っ張りも緩和されます。[広告] VPS

左ひじが突っ張るという人は、是非グリップをチェックしてみて
下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

アドレスで左ひじが突っ張る

腕の筋肉 こう使っていたら要注意

アドレスから左ひじが突っ張ってしまうのですが、肘を突っ張ら
ないようにするポイントは何かありますか?
というご質問を頂きました。

肘が突っ張る原因は様々ですが、今回は特にスイングのスタート
(アドレスやバックスイング)から左ひじが突っ張ってしまう人に
よく見られる筋肉の使い方について紹介します。

次の2つのグリップを見てみましょう。
一見どちらもしっかりグリップを握っているように見えますが・・・
おすすめできない腕の筋肉の使い方 理想の腕の筋肉の使い方

~こう使っていたら要注意~
左の写真のように腕の筋肉を使っている人は要注意です。

通常バックスイングで左腕は、前面の筋肉(手首を手のひら側に
曲げる手首の屈筋群や、力こぶで知られる肘を曲げる作用のある
上腕二頭筋)を主に使います。しかし、
左側の写真の腕の使い方は、主に手首を甲側に折る筋肉(手首の
伸展筋群)や上腕の裏の筋肉(肘を伸ばす作用のある上腕三頭筋)
をメインに使っています。
[広告] VPS

このため、バックスイングで働くべき腕の前面の筋肉とアドレス
時に働いている腕の筋肉とが、拮抗(けんか)する形となり、腕が
力み易く、アドレスやバックスイングで左ひじが突っ張るのです。

次回は、写真の右(理想的な腕の筋肉の使い方)について紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR