グリップコンタクト

シャフトの芯に力を伝える

テークバックでは、クラブヘッドの芯(重心)をしっかり
押すイメージがポイントになるという事を紹介しましたが、
その時に、もう一つ意識したいポイントがあります。

今回は、クラブを体の一部のように扱うための準備として
『グリップ』に自分の力をどのように伝える意識が重要か
について紹介します。

グリップは、どう握るか?という事ばかりに目を向けがち
ですが、それだけでは足りません。

~手首の中心からシャフトの中心へ力を伝える~
例えば棒で物を押す時、物のセンター(重心)を押すほど
効率良く押せるという当たり前な物理的ルールがあります。

体の操作も物理現象なので、全く同じ原理が働きます。
物理的ルールに従って体の動きを調整するほど動作効率は良く
なり、最小限の努力で最大の力を発揮できるようになります。

ですから、
左腕の力を効率よくクラブに伝える為には、左腕の中心から
シャフトの中心に向かって力を伝えることが、理想です。

グリップをする時、左腕の中心部が、シャフトのセンターを
押すようにセットしましょう。また始動は、シャフトの中心
に向かって、左腕の力を伝えるように意識するのがポイント
です。

左手の中心からグリップの中心を押す グリップのセンターを押す
これは、クラブを力まずしっかりとグリップするための重要
なポイント
でもあります。
グリップコンタクトが良くなるとクラブ操作が非常に楽に
なります。
クラブと唯一の接点、少しこだわってみては如何ですか

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右手をうまく使うために

右手のセッティングポイント

今回は右手のグリップで注意したいポイントを紹介します。

以前手首の使い方について紹介しましたがスイングプレーンを
安定させる役割を担うのは、バックスイングの右手、そして
フォローサイドの左手の使い方
です。
[広告] VPS

先日、右手はバックスイングで出来るだけリラックスさせて、
フォロー以降にしっかり使う事がポイントになるという事を
紹介しましたが、安定したバックスイング軌道を得るためには、
左サイドの動きをしっかりとガイドする右手の働きが重要な
ポイントになります。

~セッティングがポイント~
バックスイングの時に右手に求められるのは、
左手が気持ちよく動けるようにガイダンスするレールのような
役割と、ダウンからインパクトにかけて、しっかり右手が使える
ように、十分にリラックスした状態を保つ事です。

この為バックスイングでは、力むことなく自然に正しく右手が
使えるような関節のセッティングをアドレスの時にしておく事
が、重要なポイント
になります。

良くボールをつかまえたいために、右手を下から極端に握って
いる(フックグリップが強すぎる)人が見られますが、おすすめ
できません。

正面から見た時に、手首の動きの支点(図の黄色○)が両手とも
見えているように、セッティングする必要があります。
右手の添え方
そうすれば先ほど紹介した動画のように、バックスイングで、
右手が力むことなく正しく使えるので、結果的に、フォローサイド
でも右手をしっかり使う事が出来るようになります

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

グリップエンドの意識

グリップエンドはどう動く?

今日は、ボールを捕まえる上で非常に重要なポイントを紹介
します。
「腕を返す」
「ターンオーバー」
ともに、ボールを捕まえる為に必要な腕の動きですが、
この時、グリップエンドの動きは、どのようにイメージすれば
いいのでしょうか?
先日コーチングの中で、
「グリップエンドをダウンスイングでボールに向けると、
しっかりとボールを捕まえられますよね。」と言った質問が
ありました。

確かに、スクウェアなダウンスイングは、グリップエンドが
ボールを指しているように見えます。
スクウェアナシャフトプレーン
しかしあくまでも、これは、
スクウェアなダウンスイングの一コマを見ているに過ぎません。
ダウンスイングは確かに重要ですが、肝心のボールを捕まえる
瞬間の話ではありません。

ですから、「グリップエンドをダウンスイングでボールに向ける」
イメージだけでは不十分です。
ボールは、インパクトエリアで腕が返るからつかまります。
ですから、このタイミング(インパクトエリア)で、グリップ
エンドがどのように動くかを明確にイメージする事が重要です。

まずは、スイング中の腕の動きを見てみましょう。[広告] VPS
腕は、インパクトエリアでは、このように動きます。
ハーフウェイダウン フォローのグリップエンド
これが腕を返すという事ですね。

ですから、
グリップエンドは、インパクトエリアでは、アドレス時に指し
ている方向を支点とした図のような動きになります。
グリップエンドの向き
この支点が左右にぶれると、インパクトは不安定になります。
*厳密には、支点は、胸鎖関節・グリップ・ボール(ドライ
 バーはヘッド)を結んだ線上となります。

しっかりと、インパクトエリアで、グリップエンドがこのように
動けているか、見直してみては如何でしょうか?

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

クラブヘッドの対極にあるグリップ

グリップエンドの動き

フットワークによる骨盤の回転運動を省いた場合、
クラブは、腕・鎖骨・背骨(胸椎レベル)の動きによって、
下図の範囲で動きます。
グリップエンドの動き
この動きに、ひじ・手首のクラブを立ち上げる動きが加わり、
下図のような3次元の動きとなります。
グリップエンドはどこを指す バックスイング グリップエンドはどこを指す フォロー
             グリップエンドはどこを指す?
スイング中、アドレス時にグリップエンドが指す方向(オレンジ
の線上*)を、グリップエンドが指し続ける時間が長い程、スイ
ングは安定します。
*丁度、胸鎖関節(鎖骨の付け根)上です。

以上が、効率的なスイングを行えば自然になる動きです。
実際、『グリップエンドがボールを指す』なんて言う事は、
動きの意識の中では、あまり考えない事ですからね。

~グリップエンドが指すもの~
スイングは、回転運動です。
遠心力を最大限に利用する事が重要課題です。
室伏選手のハンマー投げは何度見ても素晴らしいですが、
ゴルフスイングも同じ原理が働きます。
ハンマー投げのハンマーをクラブヘッドに置き換えてイメージ
してみましょう。遠心力に引っ張られるのは、クラブヘッドです。
グリップは、そのクラブヘッドの対極にあります。
ですから、グリップエンドが指すものは『軸』となります。

『見た目』を追求するあまり、動きの本質(物理現象:力の作用)
を見失いスムースな動きを阻害してしまうという事は、良くある
事です。『グリップがボールを指す』と言ったイメージは、タメを
感じる瞬間に持つ程度にとどめるのが無難でしょう。あくまでも、
ボールに力を伝えるのは、クラブヘッドですから。

クラブヘッドをハンマーに見たてて、クラブを投げてみれば、
この意味がつかめるんですが・・・・
やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

若干フックグリップは、動きがシンプル

若干フックグリップがいい理由 Ver.2

今日は、昨日に続き、若干フックグリップにする事で得られる利点について
紹介します。
動作は、なるべく簡単にしたいものです。

意識的に動かす要素が一つでも少なければ、より動作全体の精度を増す事が
楽になります。

~動画をご覧下さい~[広告] VPS
初めは、スクウェアなセッティングで肘を曲げています。
スクウェアなセッティングでは、肘を曲げただけでは、顔の方に前腕部が上がっ
てしまいます。わずかに腕全体を右方向へ回しながらバックスイングを行う必要
があります。

次に、フックグリップのセッティングで、肘を曲げています。
フックグリップでは、肘を折るイメージだけでバックスイング方向へ、前腕部が
立ち上がるのが分かります。
あらかじめ、アドレスで両腕全体をねじったフックグリップのセッティングを
する事で、肘の関節の向きが、右肩の方向へ曲がり易くなるように変化したの
です。

このようにフックグリップでのセッティングでは、バックスイング動作において
『腕を右方向へ回転させる』と言った要素が一つ減る事になります。

『効率よい動作=動作をよりシンプルにする』です

~注意して下さい~
先日フックグリップでは、腕全体をねじる。グリップの変化は、運動連鎖の元、
全身に波及すると言う事を紹介しましたが、手首だけをねじって、フックグリ
ップを作っても、肘の関節の向きが変わらないので、このような原理は働き
ません。
グリップを変えてしっくり来ないという方の多くは、手元だけ(握り方だけ)を
変えているケースが目立ちます。


~若干フックグリップの方がお勧めな理由は~
◆昨日紹介した『力の伝道効率の高さ』
◆今日紹介した『動作のシンプル化』の2点です。

皆さんも唯一クラブとの接点であるグリップについて、見直してみては、
如何でしょうか。
腕の使い方が楽になりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR