右手がうまく使えない人

右ひじを脱力 

今回は、右ひじが突っ張ってしまって右手がうまく使えないという
人におすすめの練習方法を紹介します。

右ひじが突っ張る人の多くは、右手の力を入れるタイミングが
分かっていないことが多いため、力のオンとオフのタイミングを
しっかりと意識した練習が効果的です。

基本的に右手は、インパクト以降、フォローサイドのタイミングで
力を発揮させるのが理想です。テークバックから右ひじに力が
ガチガチに入っているのは、お勧めできません。

~テークバックで右ひじを脱力~
右ひじが突っ張った状態右腕の力を抜く(右ひじが自然に
曲がります)→左腕をメインにテークバックインパクト(この
タイミングで右手をしっかり使います)
これを1,2,3のリズムに合わせて行います。

・突っ張った右ひじの力をしっかり抜いてからテークバックに入る。
・インパクトのタイミングでしっかり右手を使う。


右手をうまく使うポイントは『力のオンとオフ』です。
是非試してみて下さい!

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右サイドの押し込みを獲得しよう

『尻動いて、頭動かず』右サイドをそろえる

今回は、前回紹介した右サイドをそろえる動きを習得するのに
おすすめの練習方法を紹介します。

~『尻動いて、頭動かず』ですよ~
アドレスのポイントは、骨盤が開かないようにする事と、右ひざの
上に右ひじが来るようにセットすることです。
そして、右足が少し前に出るアドレスをとります。

これによって、ダウンから骨盤を左方向へ動かしやすくなります。
しっかりとアドレスが取れたら、頭をなるべく動かさないで、骨盤を
左へ押し込んでいきます。[広告] VPS
フォローで、右のかかとを飛球方向へ押し込むことで、骨盤は左足の
コアラインへしっかり乗っていきます。
※右のかかとの押し込みは、以前ブログで紹介しているので、詳細は
 そちらをご覧ください。

右サイドがそろっていないと
バックスイングで腰が引けたり、右足のコアラインに上体をしっかり
乗せられず、右サイドが伸びあがったりして軸が安定せず、ボール
にしっかりとコンタクトすることができません。[広告] VPS

右サイドがそろっていない人、とても多いです。
是非右サイドの押し込み、練習してみて下さい。
ボールのつかまりが、格段に良くなりますよ。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

今年も一年ありがとうございました

今年もたくさんの方にご覧いただき
まことに、ありがとうございました。

来年もまた、上達のためのヒントを皆様に
お伝えしていきますので、
よろしくお願いします。
 

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

今年もありがとうございました

今年も一年間ご覧いただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

尚、ご要望の多かった土曜日のレッスンですが、
来年度より少数枠ですが、お受けできるようになりました。
土曜日のレッスンをご要望の方は、早めのご予約をお願いします。


《申込方法》
 lesson@yama-pt.com まで、レッスン希望とメールをして下さい。
 改めてレッスンの詳細を、ご案内させて頂きます。

年を取らないスイングのポイント

息の長いプロに共通のポイント

前回のレッスンで、年をとっても元気に活躍できるプロと、そうでは
ないプロがいるが、その違いは、何かあるのでしょうか?
という質問を頂きました。

とても面白い質問だったので、
今回は、息の長いプロに共通するポイントをいくつか紹介したいと
思います。
長いあいだツアーで活躍するには、もちろんアプローチ・パターが
上手いという事が大前提ですが、息の長いプロのスイングには、アマ
チュアの人が参考にしたいポイントがたくさんありますよ。

その一
◆体のメンテナンスをしっかりと行う

当たり前ですが、スイングが年を取らないためには、自分の体を
メンテナンスすることが最も重要です。
アマチュアの方が最も取り組まないポイントですが、きつい筋トレ
を行わないまでも、体を動きやすい状態にしておくくらいの体操
はしておきたいですね。
おすすめは、スパイラルメソッドで紹介しているベーシック5や
荷重リセットで、コアの動きを柔軟に保つことをお勧めします。
股関節から仙腸関節、腰椎にかけての動きは、年と共に誰でも固く
なりやすい部分です。
10分もあればできる体操です。ケガの予防にもなりますよ。

その2
◆自分が頑張り過ぎない

力のオンとオフが上手い選手は、息が長いと言えます。
スイングでは、あげる時と打つときにタイミングよく力が入って
いれば、あとはリラックスしているのが理想です。無駄なタイ
ミングで力を使っても、スイングの効率が下がるだけです。
また、スイング中は、できるだけ遠心力を感じクラブに仕事を
させるといった意識がポイントになります。
以前ブログで紹介しているバスタオルを振る練習がおすすめです。
バックスイングでは右の首にフォローでは左の首にタオルが巻き
付く様に振ってみましょう。

その3
◆コマのようにクルッと回る

身体パーツの軸が揃っているプロは息が長いといえます。
膝、股関節、骨盤、肩が背骨の軸が一致しています。
体が硬くなってきたと思ったら、少しスタンスを狭めて、小さな
足踏みを意識して体を回してみましょう。
ワイドスタンスで上体をしっかりねじって・・・などと意識すると
全身的なコイリングを引き出せません。
上体ばかりをねじるというよりも、足首から全体を回していく
位の感覚が、無理なく、全身的につながりのあるコイリングを
引き出すことにもつながります。

続きは次回

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR