左のお尻の動きをチェックしてみよう

骨盤の操作
先日松山選手のコアラインの操作について紹介しましたが、
今回は、コアの動きでポイントとなる骨盤の動きについて
紹介します。

~骨盤の動きをチェックしてみましょう~
初めにアドレスをとったら左の骨盤に手をあてます。
左コア アドレス
バックスイングで、左の骨盤は、背骨を軸に回転しますが、
ダウンスイングで、しっかりとアドレスのポジションに左の
骨盤が戻ってくるか確認してみましょう。
バックスイング時の左コア ダウンは左コアを元に戻す
ほとんどの人は、
骨盤が左に流れたり、引けたりして  
アドレスの位置になかなか戻せていないと思います。[広告] VPS

左の骨盤は、ダウンスイングでアドレスの位置に戻るのが、
理想です。
[広告] VPS
[広告] VPS

骨盤がダウンで正しい位置に戻ると、手元がアドレスの位置に
自然に戻るので、インパクトが安定します。

是非、チェックしてみて下さい。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

松山選手の見習いたいポイント その2

インパクトはアドレスの再現、何が?
今回は、松山選手の安定したショット力について見習いたいポイント
を紹介します。

~コアの安定~
スパイラルメソッドでは、股関節から仙腸関節、下位腰椎の一連の
繋がり(写真赤線:左右2本あります)をコアラインと定義して
います。
この部位は、フットワークと上体の動きを結ぶ大事な部位である
とともに、スイングの回転軸である背骨の土台となる非常に重要
な部分です。
『松山選手のコアラインを見てみましょう』
アドレスのコアライン  アドレスの位置に戻るコアライン
松山選手は、コアラインがバックスイングからインパクトを迎える
まで、暴れることがありません。特に切りかえし直後には、アドレス
のポジションへ、完璧に戻してきます。
   『インパクトはアドレスの再現。』
これはよく言われることですが、まさに、コアラインが完璧なポジ
ションに再現されています。

松山選手は、世界でもトップクラスのショットメーカーですが、
このコアラインの正確な戻しが大きな原動力になっています。

多くの人は、切りかえしから、あるいはバックスイングの初期の
段階から、コアが暴れています。すると、スイングの軸も暴れる
ので、どうしても手先のコントロールに頼ったショットになって
しまいます。

コアラインを安定させるには、下半身や体幹の強さが必要ですが、
正しい体の使い方を意識するだけでも、かなり安定させることが
できます。

次回は、コアラインの動き方、そして安定させるための練習方法
などを紹介していきます

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

松山選手の見習いたいポイント その1

最強のストロークリズム

松山選手のパッティングは、安定した土台と体幹の大きな筋肉を
使ったストロークが特徴で、非常に理想的な身体の使い方をして
いますが、特に見習うべき点は、自然な振り子運動に任せたような
ストロークリズムです(切り返しの間とダウンスイング初期で決して
振り急がない点は非常に参考になります)。

~振り子のリズムを感じてみよう~
初めに手元を支点にパターをゆすってみましょう。[広告] VPS
振り子運動には、振り子のアームの長さによって自然な振幅のリズム
が生まれます。この場合はシャフトの長さがアームです。
この振り子のリズムに任せてパターをゆすると、振り子の最下点
(インパクトエリア)でパターヘッドは自然にリリースされ、最大
の加速を得るとともに、パターヘッドの重心距離に見合った自然な
フェースターンを感じると思います。
この自然なリリースと、フェースコントロールが最高の転がりを
実現する原動力になります。


では実際のパッティングフォームの中で振り子のリズムを感じて
みましょう。
[広告] VPS
通常のパッティングでは、背骨からパターヘッドまでが振り子の
アームになります。
パターのグリップエンドを右手でつまみ、パターを振り子のように
動かしてみましょう。
骨盤を安定させ、体幹の大きな筋肉(腹の筋肉)を使って
胸郭を回し、振り子のリズムに合わせてストローク動作を
してみましょう。
腕は、ほとんど何もする必要がありません。
肩を回す意識も必要ありません。
パターヘッドの遠心力を感じ、振り子のリズムに合わせて背骨
(胸椎レベル)を軸に胸郭を回転させるだけです。

松山選手もしっかり体幹の大きな筋肉(腹)を使ってますよ。
*パッティングの正しい体の使い方は本ブログでも紹介しているので
 そちらをご覧ください。

ほとんどの人は、自然な振り子のリズムが非常に遅く感じられたと
思います。
それだけ、切り返しからボールを手先で打ちに行っているという
ことです。

パッティングは、手先で打っていると距離感も打ち出しもバラバラ
になります。
強さとラインが合わないとパターは入りません。
狙ったところに狙った強さでボールを転がすには、体幹(腹)で、
振り子のリズムを感じ取りながらストロークする事がポイントです。
松山選手の最高の転がりを生むストロークリズム、おすすめです

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

左ひじの突っ張りを解消するグリップ

小指と薬指がポイントです

前回、主に手首を甲側に折る筋肉(伸展筋群)や上腕の裏の筋肉
(肘を伸ばす作用のある上腕三頭筋)をメインに使うと、バック
スイングで働くべき腕の前面の筋肉とけんかする形となり、腕が
力みやすく肘が突っ張ってしまうということを紹介しました。

~左肘の突っ張りを解消するグリップの握り方~
左ひじを突っ張らずに腕を使うには、腕の前面の筋肉を使った
グリップがポイントです。
小指と薬指の付け根にグリップをあてがいます。
小指と薬指の付け根にクラブを当てます
次に小指と薬指でグリップを握り込んでいきます。
小指と薬指で握ります
特に小指の力が抜けないようにすることがポイントです。
中指・人差し指・親指は、リラックスをしたままです。
腕の前面の筋肉(特に小指側の筋肉)をしっかり使っている
のを感じて下さい(赤矢印部分)。

この筋肉に緊張を感じましょう
この腕の前面の筋肉の緊張感が感じられたら、この状態を維持
したままアドレスに入ります。中指・人差し指・親指は、グリ
ップに軽く添えるだけで、強く握りこまないのがポイントです。

アドレスからバックスイングにかけて左腕は、前面の筋肉(手首を
手のひら側に曲げる手関節屈筋群や、力こぶで知られる肘を曲げる
作用のある上腕二頭筋)がメインに使われますが
、今回紹介した
握り方を意識すると、これらバックスイングで使われるべき筋肉の
準備が自然にアドレスで整うので、スムースなバックスイングへと
つながり易くなります。これにより、肘の突っ張りも緩和されます。[広告] VPS

左ひじが突っ張るという人は、是非グリップをチェックしてみて
下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

アドレスで左ひじが突っ張る

腕の筋肉 こう使っていたら要注意

アドレスから左ひじが突っ張ってしまうのですが、肘を突っ張ら
ないようにするポイントは何かありますか?
というご質問を頂きました。

肘が突っ張る原因は様々ですが、今回は特にスイングのスタート
(アドレスやバックスイング)から左ひじが突っ張ってしまう人に
よく見られる筋肉の使い方について紹介します。

次の2つのグリップを見てみましょう。
一見どちらもしっかりグリップを握っているように見えますが・・・
おすすめできない腕の筋肉の使い方 理想の腕の筋肉の使い方

~こう使っていたら要注意~
左の写真のように腕の筋肉を使っている人は要注意です。

通常バックスイングで左腕は、前面の筋肉(手首を手のひら側に
曲げる手首の屈筋群や、力こぶで知られる肘を曲げる作用のある
上腕二頭筋)を主に使います。しかし、
左側の写真の腕の使い方は、主に手首を甲側に折る筋肉(手首の
伸展筋群)や上腕の裏の筋肉(肘を伸ばす作用のある上腕三頭筋)
をメインに使っています。
[広告] VPS

このため、バックスイングで働くべき腕の前面の筋肉とアドレス
時に働いている腕の筋肉とが、拮抗(けんか)する形となり、腕が
力み易く、アドレスやバックスイングで左ひじが突っ張るのです。

次回は、写真の右(理想的な腕の筋肉の使い方)について紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR