自宅で出来るスイング体操 その6

フットワークと腕の調和

今回は、フットワーク(体の動き)と腕の振りを調和させるための
練習方法を紹介します。

~心地よいタイミングを感じ取る~
まず、ボールを両手に挟んで下にたらします。
ボールの重さを感じるくらいに腕はリラックスさせます。
ボールをはさんで腕をたらします
次にフットワークで体を回転させていきましょう。
左右に足踏みをするようにしっかりと重心移動を感じて行います。[広告] VPS
腕を振ろうとしなくても、フットワークに伴い、肩が回転し
腕が左右に振られてきます。
腕がブランコのようにスムースに振れるリズムを感じとります。

体の回転が早過ぎれば、切り返しで腕に力が入ってしまい、
遅過ぎれば、切り返しで腕にブレーキをかけるような無駄な
動きが入ります。

次に腕とフットワークが調和してきたら
ボールを挟んだまま、今度は腕の動きを入れていきましょう。[広告] VPS
先日紹介した前腕部の動き(棒の先を走らせる)を入れます。
動きを入れるタイミングは、テークバックのタイミングと
インパクトのタイミングです。

フットワークがしっかり使えると、スイング中は、肩を回すとか、
腕自体を振りあげるといった意識が、あまり必要無いことが
分かると思います。

スイング中の腕自体の動きは、非常に小さいものです。
しっかりと重心移動、フットワークに誘導される腕の振りを
感じとって下さい。


フットワークと腕の振りがバランスよく調和されると
クラブが効率よく走り、振り遅れやフェースが開くといったこと
も自然に解消されますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

左ひじを曲げて右手を開く

実際のスイングで腕を柔らかく使うコツ

先日紹介した腕の振り方のエクササイズ(クラブを走らせる腕の
振り:木の棒をうまく走らせる)のように、クラブを振るコツは
ありますか?

といったご質問を頂きましたので、簡単なコツを紹介します。

レッスンをしていても腕や手首の力がなかなか抜けずに、クラブを
効率よく走らせることができていないという人はとても多いです。

そういった人には、
トップに向けて、左ひじを曲げて(軽くたわませて)、
右手の指を軽く開くように
練習してもらいます。

腕の力が抜けないということは、余計なところに力が入っている
ということです。
綱引きのように、反対方向に物を引っ張り合いながら、物を動か
そうとしている状態です。

左ひじが突っ張るという人は、上腕三頭筋という肘を伸ばす働き
のある上腕部の筋肉が働き過ぎています。
また、手首が硬いという人は、右のグリップを握る筋肉(握りこむ)
が働き過ぎています。

通常バックスイングでは、左の上腕三頭筋は使いません。
肘を曲げる筋肉、上腕二頭筋を使います。
また、右手の筋肉は、握りこむ筋肉は使いません。
右手の筋肉は、手のひらを開く作用のある筋肉の繋がりを
使います。

これは、つま先から指先までの体の筋肉の繋がりにけんかしない
体を効率よく使うための基本的なルールです。

腕が力んでいる人は、先ほどの綱引きの話のように、使うべき
タイミングで、使うべき筋肉を正しく選択できないために、
無駄な労力だけが大きくなって、目的(理想のバックスイング)が
効率よく果たせなくなってしまっているのです。


腕の力みが取れないという人は、
トップに向けて左ひじを軽く曲げ、右手の指を軽く開いて練習して
みましょう。
正しい筋肉が選択的に働くようになりますよ。

谷口徹選手や杉原輝雄選手がいいお手本です。

コイリング(全身を一本の繋がりあるゴムのように使うための体の
ねじり方)についてもっと知りたいという人は、なかなか言葉だけで
正確に動作をお伝えするのは、限界があるので、是非レッスンを
受けに来てください。

効率的な身体の使い方をお伝えします。
正しく体を使えば、スイングは、劇的に変わります。

ただ今初回半額キャンペーン中です
lesson@yama-pt.com まで、ご連絡ください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

自宅で出来るスイング体操 その5

腕の振り+フットワーク

今回は、先日紹介した腕の振りとフットワークを合わせる体操を
紹介します。

~イメージは立ち幅跳び~
立ち幅跳びでは、フットワーク(足の屈伸運動)と腕の反動を
バランスよく使って飛びます。


決して足の屈伸運動だけ、腕の振りだけでは遠くへ飛べません。
また、足の屈伸運動と腕を振るタイミングが外れてしまっても、
遠くへ飛ぶことはできません。

ゴルフスイングにおける腕の振りとフットワークの関係も全く
同じです。

腕の上げ方ばかりを気にすれば、フットワークで得られる力を
ボールへ伝えることは、できません。
また、腕をただリラックスさせて、ぶらぶらさせた状態で振って
もボールへしっかり力を伝えることはできません。

~フットワークに腕の振りを乗せてみよう~
先日、紹介した腕の振り+フットワークです。

腕でしっかりと棒を走らせる感覚を確認したら、
更に、フットワークを使って棒を走らせていきましょう。[広告] VPS

立ち幅跳びをする時のように、フットワークと腕の振るタイミング
をバランスよく合わせていきましょう。


・腕は、金づちを使う時のようにリラックスです。
上げる時と打つ時のタイミングでだけ使います。
・フットワークで軸(背骨)を安定させながら骨盤をしっかり
回していきましょう。

実際のゴルフクラブでは、木の棒と違って、慣性モーメントが大きく
なるので、これほど簡単に加速させることは難しいですが、実際の
スイングでも同じ運動原理が働きます。
レッスンをしていても腕とフットワークがバラバラという人、非常に
多いです。

是非、この体操で、理想的なフットワークと腕の振りのバランスを
つかんでみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

自宅で出来るスイング体操 その4

クラブを走らせる腕の振り ポイントは音!

それでは、今回は、自宅で出来る腕の使い方を覚える体操を紹介
します。

腕の振りで一番大切なのは、クラブを最大限に、インパクトで
走らせられているか?
ということにつきます。

~インパクトで最大限にクラブを走らせよう~

初めは軽い棒で行います。[広告] VPS
ポイントは、インパクトで
太く短く「ブン」という音を立てることです。

丁度黄色矢印の部分で音が出るように棒を振ることに集中します。
ここで音を出すことに集中
どの様にすれば、音がそこでなるか、お気づきですか?

・できるだけ木の棒を強く握らない。
・できるだけ腕や手首をリラックスさせて振る
・力を発揮するのは、始動とインパクトの2つの瞬間に集約する。
 ちょうど金づちで釘を打つ要領です。
・棒の先に遠心力を感じる


このようなことがポイントになっています。

腕と肩の三角形キープといって、腕がガチガチに突っ張っていたり、
腕を振ることに夢中になって、肝心の棒の先の遠心力を感じていな
かったりしていると、しっかりとインパクトゾーンで棒を加速
させることはできません。

腕の力のオンとオフのタイミングが非常に重要なポイントです。
しっかりインパクトで音を立てられるように練習してみて下さいね。
クラブを走らせるための基本ですよ

*正しいグリップの仕方や、角材の正しい使い方、腕や手首の
正しい使い方につきましては、以前のブログをご覧ください。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

自宅で出来るスイング体操 その3

スイングをリードするフットワーク

以前、本ブログで紹介しましたが、スイングでは、フットワークが
重要です。
前回紹介した、軸足に上体をしっかり乗せる感覚が分かったら、
今度は、フットワークで上体を回す体操を行います。

レッスンをしていても、「上体が硬くて、肩が回らない。」という人
の大半は、足が使えていないことがその根本的な原因になっています。

まずは、バックスイングの軸、フォローの軸にしっかりと上体を
乗せる感覚を体に入れる(5秒キープ)。
そのまま深く沈む フォロー方向もしっかり上体の重心を乗せる
次に、それぞれの軸に重心移動してみましょう。[広告] VPS
動画を見てもわかるように、背骨を軸に左右の軸に正しく上体が
乗せられるようになると、肩は簡単に回ります。

足踏みをするように、左右の軸にしっかりと上体を乗せることで、
正しい重心移動を獲得してください。
余裕がある人は、背中にクラブを担いでおこないます。[広告] VPS
体がめちゃくちゃ硬い私でも、足を使えばこのくらいは簡単に
回せます。

「うまく上体が軸足に乗らない。」という人は、前回紹介した体操に
戻って、軸足に上体を正しく乗せる体操を行いましょう。

フットワークはスイングの大きなエネルギー源です。
スイングのリズムを作り出します。


是非この体操を行って、正しいフットワーク、自分に合った
スイングリズムを身に着けて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR