左一軸?

右軸の人が左荷重で構える時の注意点

先日コーチングさせていただいた生徒さんの中で、左一軸打法を
意識してみているのですが、どうしてもうまくいかないという
人がいました。

私は、左一軸打法というのを知りませんが、その生徒さんは
確かに左荷重に構えて、体重移動をせずに左足の上でスイングを
しようとされていました。

確かに、アイアンなどでしっかりとダウンブローにインパクトを
迎える為に、アドレスで若干の左荷重にする事はよくある事なので、
そのイメージ自体に問題はありませんでした。

~何が問題?~
この方の問題点は、そのスイングイメージではなく、アドレスに
ありました。

日本人は、右軸の人が圧倒的に多いです。
右軸の人は、筋肉の張力バランスから、アドレスで肩のラインを
飛球方向に真っすぐ取ろうとすると、自然に腰が引けて開き易く
なるといった特徴があります。


この方もやはり、右軸でした。

今回は、右軸のこてこて日本人身体特性の人が左荷重のアドレス
をバランスよく取る為のポイントを紹介します。

ポイントは2つです
◆右サイドを合わせる
 右ひじと右ひざの関係
 右ひじ・右ももの内側を鉛直方向に揃えます。
 このラインをそろえて使ったときに、右軸の人のパワーは最大限
 に発揮されます。
◆骨盤をしっかりと正面に向けたまま、左にシフトさせる。
 結果的に、左の骨盤が若干右の骨盤よりも高くなります。
 アドレスの3つのポイント
 正しい位置に骨盤のポジション調整をすると、右軸の人は、やや
 クローズに構えているような感覚になります。

この方もこの2点をチェックするだけで、力強いインパクトが
出来るようになりました。
皆さんも是非この2つのポイントをチェックしてみて下さいね

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

サイドステップで右の壁を作ろう

右の壁の作り方

前回、右の壁は瞬間的に作るもの、という事を紹介しましたが、
今回は、その感覚を簡単につかむトレーニングを紹介します。

肩に棒を担ぎます。
胸の前で腕を組んで行ってもかまいません。

初めは、横にサイドステップをします。[広告] VPS

踏み込んだ足(右足)は、しっかりAラインをキープして、ひざ
が外に流れないようにします。

正しく右足で支えられると右のももの内側に力が入る感覚と、右の
母趾球で地面をしっかり押している感覚が同時に得られます。
これは、ダメです。[広告] VPS

次に横のステップで右足の支え方が分かってきたら上体を回します。
膝が曲がるタイミングと肩が深く回るタイミングをしっかりと合
わせて行うのがポイントです。

踏み込みと同時に肩を入れる
ステップをしたら踏み出した足(右足)で、地面を跳ねるように
して元の位置に戻ります。
丁度、この右足で受けた体重をはね戻すような感覚が、右の壁を
感じつつ、切り返しをするスイング動作と同じです。

再度ステップで、切り返しの瞬間的な右サイドの壁を是非、練習
してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

壁は瞬間的に作るもの

トップの一瞬が勝負

今回は、バックスイングの壁について紹介します。
バックスイングの壁ですから、右打ちだと右足側が壁です。

巷では、
「バックスイングは右ひざの角度を変えないで」とか
「右ひざの高さを一定に」とか
「右の腰が流れないように」とか
色々言われるので、バックスイング中ずっと右足に力を入れて
踏ん張っている人が多くみられます。
しかし、足をバックスイング中に踏ん張り続けてしまうと、
スムースにフットワークを使う事ができずに、上体の力みを
誘発してしまいます。

バックスイング時の機能的な壁を手に入れるポイントは一つです。
必要なタイミングで必要な筋肉を発火させる。です。

~トップの瞬間がポイント~
バックスイングは、Aラインの右サイドが見かけの軸になると
いう事は、本ブログやブロマガ『心技体の方程式』で詳しく紹介
していますが、この時、正しく体が使われているとトップの瞬間
で、右のももの内側と右の母指球で自分の重心を瞬間的に受け
止めるのを感じます。

具体的には、トップの瞬間に母指球で地面を押す感覚と、
右ももの内側の筋肉が強く収縮する感覚を感じます。

トップの瞬間に感じてますか
下肢の筋肉は、体重がかかると自然にそれを支えるための筋肉が
発火し、安定させる性質を持っているためです(反射)。

ですから、右の壁をしっかり機能させるためには、
トップの瞬間に右のももの内側に力が入る感覚と、右の母趾球で
地面をしっかり押している感覚が同時に得られるように意識する
ことがポイントになります。


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

45度のクローズで打ってみよう

体の開きを抑える矯正練習

アドレスは、飛球方向に対して45度程度の極端なクローズ
スタンスを取ります。
45度クローズで構えます
このまま飛球方向に対してできるだけスクウェアなプレーンで
スイングをしていきます。[広告] VPS
身体はなるべくアドレスの状態を保ったままインパクトを
迎えます。
そうすることで、ダウンスイングで右の懐が確保され、また
腕のターン(ターンオーバー)をしっかりと感じ取ることが
できるようになります。


フォロースルーをとる練習ではないので、打ったら終わりです。
しっかりインパクトで、左母趾球へ荷重できていることと、上体
が開いていないことを確認しながら練習を行います。
〈OK〉               〈腰が引けたらダメ〉
左の壁がしっかりできます。 腰が引けてはいけません
わずかに右に打ち出たボールが軽いドローボールになれば
大丈夫です。

慣れてきたら通常のアドレスに戻して、ダウンスイングで上体が
開かない感覚や、先ほどの腕のターン、そして、インパクトで
しっかりと左母趾球に荷重される感覚をイメージしながら打って
みましょう。
身体が開かない感覚と腕のターンの感覚を是非つかんで下さい。
ボールがしっかり捕まるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

何故体が開くのか

上体が開く原因

ダウンスイングで、上体が開きボールが捕まらなかったり
あるいは、シャンクで悩まされている人は多いと思います。
先日のレッスンでも、うまくクラブフェースをターン
させることができずにスライスで長年悩んでいるという
人がいました。

今回は、そういった人におすすめのチェックポイントを
お伝えします。

上体が開く原因でよく見られるのは、次の3つです。

◆手打ち:下半身リードができない
 下半身の安定、上体とのねじれ差、といった言葉を
うのみにして足を踏ん張ってしまい、上体だけで
バックスイングをしている人が多くみられます。
バックスイングとダウンスイングは作用反作用の関係
にあります。バックスイングでフットワークを使って
いない人は、切り返し以降もフットワークを使う事は
できません。当然上体でボールを打ちに行くことに
なるので体も開きやすくなります。
ゴルフに限らずスポーツはフットワークが基本です。
上体の動きは、フットワークに誘導される形で使われる
ことが理想です。
バックスイングで、しっかりとフットワークを使い
積極的な重心移動を感じられるようにしていきましょう。
◆腰を無理やり回そうとする
 腰を切る、ということがよく言われますが、ダウン
スイングで腰を無理やり回そうとすると、腰が飛球方向
に流れ上体(軸)の右倒れを誘発します。上体の右倒れ
は、右に重心が残りやすく、その結果上体が開いてしまう
ということがよくあります。
ダウンスイングでは、腰を無理やり回そうとするのではなく
左母指球に向かって踏み込む(重心を下に動かす)イメージ
がおすすめです。ダウンからの軸足に重心を移せれば、
腰は、自然に切れて(回転)きます。
◆腕のターンができない。
 左腕のリード、インパクトでハンドファーストのイメージ
これはとても重要なことです。しかし、これらのことを意識
し過ぎて、飛球方向に手元が流れてしまい、その動きに
つられる形で、上体が開いてしまうという事がよくあります。
正しい、腕の使い方をチェックしてみましょう。
ブログで紹介している『面素振り』で確認できます。
クラブが背骨に対して円錐を描くように腕が使えている
か、手元がスウェーしていないか確認してみましょう。

上体の開きの原因は、今回紹介した3つの原因がほとんど
です。是非チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR